You have visited:

ホームペーシ

ピーク・ディストリクトは、1951年に英国で最初の国立公園になりました。英国内でも、限られた広さ(たとえて言えば日光国立公園に匹敵する広さです)で、これだけ変化に富み、美しく、特別に保護されている風景は数えるほどしかありません。

ピーク・ディストリクトの3分の1が、沖縄県と同等の広さを持つダービーシャー内にあります。

ダービーシャーは、1998年にトヨタ自動車が英国生産工場をサウス・ダービーシャーのバーナストンに構えたことに端を発して、豊田市と姉妹都市関係を構築しています。

ピーク・ディストリクトよりダービーシャーの南部へ向かえば、そこは木々の葉が美しい森と起伏のある農場地が自慢の一帯です。北へ向かうと、そこはホワイト・ピークと呼ばれ、壮大な石灰石の山谷、速い流れの川、イングランド独特のドライ・ストーン・ウォールを楽しむことができます。さらに北へ行くと標高のある荒野が広がり、粗削りな砂岩が印象的なダーク・ピークが現れます。この地の自然風景は強風の吹く岩山の上から遠くヘザーの咲き乱れる荒野を望むことができ、その景色は天候や日照の加減により刻々と変化していきます。

ダービーシャーは、数多くのカントリーハウスや庭園を抱える地でもあります。イングランドでも有数の地所として知られ、デボンシャー伯爵家代々の屋敷でもあるチャッツワースもその一つです。詳しくは、「See and Do」ページをご参照ください。

地域の歴史的建造物の多くは、地元有数の石灰石や砂岩を用いて建てられています。また、なだらかに広がる牧草地では羊や牛が点在し、のんびりと草をはんでいる姿が見られます。一方で活気のある街々や絵にかいたような村々もあわせ、イングランドの典型的風景として、国内外から多くの訪問者を呼び集める人気の地になっています。

2012年には、カントリーサイド雑誌では最も多く読まれているBBCの「カントリー・ファイル」誌において、その審査員と読者票により、ピーク・ディストリクトは「英国内で2番目に人気のある旅行先」に選ばれました。どうぞこのホームページをご覧になり、当地の魅力を発見し、訪問や投資のきっかけになさってください。